husband and wife

症状や原因

doctor

緑内障の症状は視界が狭くなることです。この症状には中高年に多いです。その原因は眼圧の低下が挙げられます。そして、その原因に応じて種類があります。一度、緑内障になったら点眼薬による治療や外科的手術による治療で治すのが一般的です。

詳細を確認する...

自覚症状の少ない目の病気

elderly

緑内障は、視神経に障害が起こり、見える範囲が狭くなったり部分的にしか見えなくなってしまう目の病気です。初期の段階では自覚症状がほとんどありませんが、視野の一部に見えない場所が現れたり、見えない範囲が現れることで自覚する人もいます。しかし私達は普段両目で物を見るため、片目の視野の欠落をもう片方の目が補うことになります。そのため片目に初期症状が現れても気づかない場合がほとんどです。慢性緑内障は病気の進行がゆるやかに進むため、早期に発見すれば失明に至ることはありません。急性緑内障の場合は一気に眼圧が上昇するため、頭痛や吐き気、目の充血などの症状がでます。こちらの場合は大変苦しく視力の低下が著しく、自覚症状はわかりやすいので、緑内障の症状に気づいたら、すぐに治療をうけることが肝要です。緑内障と共に生きていく覚悟を決め、症状の緩和に努めましょう。

視神経の障害によって見えなくなってしまった場所や視野の範囲を、正常な状態に回復させることはできません。失明しないために、進行を防ぎ遅らせることが緑内障進行の予防になります。緑内障の人が普段からできる予防は、眼圧を上げないような生活を心がけることです。例えばタバコと緑内障の関係性はまだはっきりしていませんが、喫煙は眼圧を上げるという報告があります。またカフェインやアルコールの取り過ぎは、眼圧の上昇の原因になります。うつむいた姿勢や暗い場所での作業も控えたほうが、緑内障の進行予防になります。とはいってもやはり個人での予防には限界があります。眼科では薬物療法やレーザー治療など様々な予防法があります。自覚症状がなくても眼科で検査をしてもらい、早期の治療を行うことが緑内障との上手な付き合い方であるといえます。

現状と今後の展望

doctor

緑内障は、眼圧の上昇により視神経が損傷を受ける病気で、加齢や肥満、糖尿病などによって引き起こされる場合もあり、生まれつき眼圧の高い方もいます。一度視神経を損傷してしまうと治療は困難ですが、現在ips細胞による再生治療の研究が進んでいるため、今後は治療できるようになる可能性は高いと言えます。

詳細を確認する...

自覚症状が出る前に

eye

緑内障は視野が狭くなったり欠けたりし、重症化すると失明する病気です。しかし、早期発見で失明を防ぐことができる病気です。早期発見のためには、病院での定期検診の他にセルフチェックも大切です。専用のツールを使って定期的にチェックをして、失明のリスクを減らしましょう。

詳細を確認する...